城東区・野江駅の歯医者なら

〒536-0008 大阪府大阪市城東区関目1-18-15
京阪野江駅より徒歩8分

診療時間
9:30~13:00 ×
14:30~19:00 × ×

休診日:土曜午後・日曜・祝日 / 最終受付:18:30

ご予約・お問合せはこちら

06-6935-4182

当院の親知らず治療

親知らずの生え方によっては、トラブルの原因となるケースも多いため、抜歯が必要になることもあります。当院では親知らずの抜歯にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

痛みの少ない親知らずの治療

親知らずは正常に生えてさえくれれば、噛み合わせに何の問題もない、通常の歯として機能します。しかし、斜めに生えたり横向きに生えてくると、歯磨きで汚れを除去するのが困難になることが多々あります。その結果親知らずだけではなく他の歯がむし歯となってしまう原因となることがあり、考え方によってはむし歯の予防的な抜歯をお勧めすることもあります。

患者さんによっては、腫れて痛みが伴ってから相談をしようと考えている場合が多いですが、将来に渡っての口の健康を維持するために一度ご相談ください。

丁寧な麻酔で、負担の少ない治療

歯ぐきに打つ麻酔注射が苦手だという方は少なくありません。当院ではまず注射の前に、歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用し、針を刺す際のチクッという痛みを軽減します。

その上で細い針をセットした電動麻酔器を使用し、麻酔液の注入速度を一定に保ちながら麻酔をかけていきます。

丁寧な麻酔で、できるだけ患者さまへの負担が少ない抜歯を行っていますので、安心してご来院ください。

※親知らずの生え方などによって、当院では十分に対応できない症例もございます。その場合は、当院が提携している大学病院をご紹介いたします。

感染予防対策を徹底

親知らずの抜歯は外科的な処置となります。当院では治療中に院内感染を起こさないよう、感染予防対策を徹底しています。

歯科医師や歯科衛生士が使用するマスクやグローブ(手袋)、治療に用いたメスの刃や注射針や縫合針はディスポーサルとして患者さんそれぞれに使い捨てとしております。治療器具を置くトレーをはじめとした金属製の器具などは、確実な洗浄と徹底した消毒・滅菌処理を施しております。

また当院の診療室は個室となっていますので、ほかの患者さまと同じ空間で治療を受けることもありませんし、治療中は周囲を気にすることなく、リラックスしていただけます。

患者さまへより安全な治療を提供できるよう、院内の衛生管理には気を配っておりますので、どうぞ安心してご来院ください。

親知らず治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

親知らずの抜歯

抜歯の必要がない場合もあります

親知らずを抜きます。抜歯の必要がない場合は、適切な処置を行います。

消毒・抜糸

親知らずを抜いた部分を消毒します。

傷口を縫合した糸を抜きます。

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

06-6935-4182

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日
※最終受付:18:30
※医院研修・セミナー・学会参加のため休診する場合があります。

06-6935-4182

〒536-0008
大阪府大阪市城東区関目1-18-15

京阪野江駅より徒歩8分