インプラント 熟練と経験にもとづいた施術を行います。じっくり相談安心のインプラント。

インプラント治療とは、

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する最新の治療法です。従来の入れ歯やブリッジとは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように" 食べる・話す" ことが出来るようになります。インプラントは他の歯に支えを求める必要がないため、残りの歯に優しく、入れ歯のような違和感を感じませんし、自分の歯のようにお食事をして頂くことも可能です。

ただ、他の治療に比べ、外科処置が必要となり治療期間も長くなってしまう場合もあります。顎の骨の状態によっては、付随する処置が必要なこともありますので、他の治療と同様にしっかりと検査、ご説明をさせて頂いた上で、患者様に合ったご提案をさせて頂きたいと思います。

入れ歯でうまく噛めない、発音がおかしい、また長期間使っている間に合わなくなることもあります。このようなことにお悩みの方はぜひ1度ご相談ください。

インプラントイメージ

インプラント治療

歯が抜けた場合

インプラント治療イメージ

【いればとは?】かぎづめのよう金具 ( クラスブ) を両側にかけて、入れ歯を固定します。金具でとめてあるだけですので、ぬける前の歯ほどには噛めませんし、両側の歯に負担がかかるようになります。

【ブリッジとは?】橋をわたすように、抜けた歯の部分を治す方式です。 橋げたとして両側の歯を使いますので、虫歯になっていない健康な歯であっても、削る必要があります。

健康な歯を削るのが嫌 入れ歯に違和感を感じる 入れ歯が口の中で動く

インプラント治療

インプラント治療の流れ

インプラント Q&A

インプラントの素材は何ですか?
体内での安定性が非常に高いチタンに、骨とのなじみをさらによくする表面処理を施した素材を使用しています。チタンがアレルギーを引き起こす確率は非常に低いです。
治療費はどの程度かかりますか?
インプラントの埋入本数、使用する素材、手術方法、医療設備などによって変わってきますので、費用については、治療を行う前に歯科医からの説明をよく聞いて、不明な点は事前にしっかりと質問してください。また、インプラントは医療費控除対象となります。
医療費控除とは、自分のその生計をひとつにする親族の年間医療費が10 万円(所得合計が200 万円までの方は所得合計額の5%)を超えた場合、確定申告時に治療費の領収書を提出することで、税金の還付が受けられる制度です。
インプラント治療は誰でも受けられますか?
年齢の上限はありませんが、骨の状態によっては、治療を受けることができない場合があります。他の病気や健康状態によっても受けられない場合がありますので、歯科医とよく相談し、きちんとした診断を受けてください。
治療期間はどのくらいですか? その間の歯は?
インプラントの本数、上顎か下顎により治療期間は異なりますが、インプラントが周囲の骨になじみ、人工の歯をかぶせるまでに約3 ~ 6 ヶ月かかります。治療中は仮歯や仮の入れ歯を入れるので食事や会話に支障はありません。
インプラントの耐久性はどのくらいですか?
長持ちさせるためには、自分の歯と同じように毎日の手入れが必要です。指導されたブラッシング方法で磨き、定期的な検診は必ず受けましょう。
手術後、注意することはありますか?
手術自体は麻酔をして行うので、ほとんどの場合、痛みもありませんが、術後1 ~ 2 日、痛み・腫れが出ることがあります。歯科医の指示に従い、食事も固い物を避けるなどの配慮をしましょう。
クリニックからのお知らせ
予防歯科
一般歯科
口腔外科
小児歯科
インプラント
審美歯科
訪問歯科
  • たじり歯科ブログ
  • スタッフ紹介
  • 患者様の声
  • お問合せ・ご相談

アクセス

たじり歯科クリニック
〒536-0008
大阪市城東区関目1-18-15

お問合せ・ご相談(日曜・祝日休診)06-6935-4182