口腔外科 親知らず等口の中に生じる様々な疾患を対象とした治療を行っています。

口腔外科とは。

口腔外科とは、主に口腔内で外科治療をする事により症状の緩和、もしくは機能の回復を主な目的としております。親知らずを抜いたり歯周病でぐらぐらの歯を抜いたりするのが、代表的ですが、このような際に行う観血的(外科的)治療のことをいいます。さらに、お口の中に発生する歯や歯茎以外の病変を発見・診断するケースがあります。お口の中の異常が気になる方は、当院までご相談くださいませ。

親知らず抜歯

正式名は「第3大臼歯」と呼ばれ、口の中の一番奥にはえてくる歯です。人によっては後からはえてくる場合もあります。正常な生え方をして、噛み合わせに問題がない場合をのぞき、斜めや、横にはえた歯は歯並びや噛み合わせに影響することがあります。また当院で十分に対応できない症例もございます。この場合は提携した大学病院をご紹介させていただきますのでご安心ください。

顎関節症の治療

顎関節症とは、上下の歯の咬み合わせの悪さが原因で下の顎が横にずれ、顎関節に負担がかかり、それが原因で口腔周辺にさまざまな異常を引き起こす病気です。症状が悪化することで肩こり、腰痛、偏頭痛など体のあちこちに悪影響が及ぶことがありますので、早めの段階で一度受診することをおすすめいたします。

Copyright Paylessimages,Inc. All Right Reserved.

クリニックからのお知らせ
予防歯科
一般歯科
口腔外科
小児歯科
インプラント
審美歯科
訪問歯科
  • たじり歯科ブログ
  • スタッフ紹介
  • 患者様の声
  • お問合せ・ご相談

アクセス

たじり歯科クリニック
〒536-0008
大阪市城東区関目1-18-15

お問合せ・ご相談(日曜・祝日休診)06-6935-4182